住宅資材メーカーと、クリエイティブユニットのコラボレーションで生まれた、デザイン性の高い手すり「ロハテス(LOHATES)」

手すり 介護用品
記事内に広告が含まれています。

ご高齢に限らず、床や椅子からの立ち座りがしんどいと感じる方に、普段の生活にしっくりなじむ、手すりに見えない手すり「ロハテス(LOHATES)」をご紹介します。
製造は、マツ六です。

和室にも洋室にもなじむ、デザイン性の高い手すり

ロハテスは、介護向けの生活資材などを手がけるマツ六と、「ものづくり」を通して、「暮らしを豊かにする」ことを目指すクリエイティブユニット「graf(グラフ)」のコラボで生まれました。

屋内で使う据え置き型の手すりって、どうしても「The 介護用品」のような佇まいの製品が多く、使用に抵抗を感じる方も多いと思います。

「大切なひとに贈りたい、家族のような手すり」をめざして作られたロハテスの一番の特徴が、デザイン性です。
玄関、和室、洋室、どこに置いても馴染むデザインです。

ロハテスの公式ページには、実際の活用例が掲載されているのですが、高齢の檀家さんのためにお寺さんが購入されたという実例には、なるほどなあと感心しました。

フレームはスチール製ですが、握る部分には天然木が施されています。
重量は1.8キロと軽量なので、移動が簡単。ゴム足なので、力を入れても滑りにくい。
完成品で届くので、組立不要。届けばすぐに使えます。

別売りのトレーマガジンラックを装着すれば、さらに使用者の生活に寄り添ってくれる手すりになります。
カラーは、ホワイト・ブラックから選べます。

プレゼントにもおすすめなのですが、ちょっと注意したいのが、高さ63センチ、最大幅が43.5センチというサイズ感です。
足が広がっているようなデザインをしていますし、折りたためないので、場所によっては商品が入らない可能性があります。
また高さが変えられないので、使用者の身長によっては、使い勝手が悪くなってしまいます。
ご購入前にご確認下さいね。

和室にも洋室にもなじむ、デザイン性の高い手すり
タイトルとURLをコピーしました