ヒヤリハットの予防をサポートしてくれる車椅子「EST-1」

車椅子車椅子・移乗支援

車いすで移動時の「ヒヤリ」「ハット」の予防・軽減をサポートしてくれる車いす「EST-1」をご紹介します。
ミキの製品です。

EST-1

車椅子は、アスファルトの道や室内など、平坦な場所では快適に使用できます。
しかし実際は、砂利道やデコボコ道、踏切、ちょっとした段差など、平坦ではない場所が多く、そういった場所で使用すると、決して快適とは言えません。

たとえば、ちょっとした段差や溝を越える時、普通に使用していると段差にぶつかったり、キャスターが溝にはまったりして、車椅子があらぬ方向に動き、「ヒヤリ」「ハット」が発動します。
それを防ぐため、介助者は、車椅子の前輪を少し上げるようにして乗り越える場合があるのですが、利用者も怖いし、介助者にも負担がかかります。車椅子自体、結構重い物ですからね。

EST-1の大きな特徴である、少し宙に浮いた「アシストキャスター」が、車椅子での移動時の「ヒヤリ」「ハット」発動防止の「アシスト」をしてくれます。

EST-1
EST-1のアシストキャスター。少し浮いているのがポイントです。

ちょっとした段差や溝を越える時、アシストキャスターが足がかりとなり、乗り越えやすくなります。
接地面に段差がある、簡易的なスロープや急勾配のスロープを上がる時にも、効果を発揮します。

また、車椅子に乗ったまま、落とした物を拾うために前屈みになった時、車椅子ごと転倒する恐れを防止してくれます。

全ての段差や溝を越えられるものではありませんが、「ヒヤリ」「ハット」の予防・軽減には、十分役立ってくれると思います。

後方への転倒を防止するための「転倒防止バー」も付属しています。
折りたためますので、車の後ろに積んでの運搬も可能。
介護保険の福祉用具貸与対象製品です。

ESTシリーズには2種類あり、今回ご紹介のEST-1の他、ウィング・スイングアウトタイプのEST-2もあります。

タイトルとURLをコピーしました