介護エッセイを出版しました。
2004年から2009年まで更新していたブログ「今週のすぎやん」の内容を抜粋・修正し、ブログには書ききれなかった作者の思いや後日談なども新たに書き下ろしたエッセイ。

第16回 介護作文・フォトコンテストの募集が始まっています!

車椅子に乗る高齢者と介護士 介護経験談
記事内に広告が含まれています。

今年も、「介護作文・フォトコンテスト」の作品募集が7月15日から始まっています。

第16回介護作文・フォトコンテスト|全国老人福祉施設協議会
「笑顔が増える、幸せも増える」をテーマに、介護に関するコンテストを実施。作文・エッセイ、写真、キャッチコピー、手紙の4部門で作品を募集します。特別審査員に井上咲楽さんを起用。今年は「敬老の日」2023年9月18日(月・祝)が締切です。

介護作文・フォトコンテストって?

「介護作文・フォトコンテスト」は、公益社団法人全国老人福祉施設協議会が主催しています。
2008年(平成20年)に第1回が開催され、今年で16回目となる、歴史あるコンテストです。

今年の応募部門は、全4部門です。

作文・エッセイ部門

<テーマ>

  1. あなたにとっての介護
  2. 介護と「幸せ」
フォト部門

<テーマ>

  1. 介護現場/在宅介護の姿・風景
  2. おじいちゃん・おばあちゃんの「笑顔」「幸せ」
キャッチフレーズ部門

<テーマ>

  1. 介護に関わる方々への「感謝」
  2. 介護の「やりがい」「しあわせ」
手紙部門

<テーマ>
おじいちゃんおばあちゃんに伝えたいこと

今年は、井上咲楽さんが特別審査員を務めます。優秀者には、賞金も出ます。
応募締め切りは、9月18日(月)敬老の日です。

第16回介護作文・フォトコンテスト|全国老人福祉施設協議会
「笑顔が増える、幸せも増える」をテーマに、介護に関するコンテストを実施。作文・エッセイ、写真、キャッチコピー、手紙の4部門で作品を募集します。特別審査員に井上咲楽さんを起用。今年は「敬老の日」2023年9月18日(月・祝)が締切です。

介護作文・フォトコンテストの思い出

実は私も、第2回のコンテストに参加し、作文部門で入選した経験があります。

「入選」ではありましたが、副賞として図書カードを頂きました。佳作以上だったら賞金だったのですが(笑)。
審査員の中には、今は亡き長門裕之さんもいらっしゃいました。

応募はしたものの、ダメだろうなと思ってました。
なぜなら、父が亡くなった後のエピソードを書いたから。

ある日突然、表彰状と副賞が家に送られてきて入選を知り、本当にビックリしました。
ちょっと異質な内容だったのに、よく選んで頂けたなあと、感謝しました。

第2回のコンテストが開催された2009年(平成21年)は、父が亡くなり、私の介護生活が終わった年です。

当時から、介護の現場はとても大変で、父が入所していた老人ホームも、スタッフの入れ替わりが激しかった。
ホームの方針に、違和感を持ったこともありました。

でも、本当に優しい心を持った若いスタッフたちが、やんちゃな父を親身に介護してくれた。
父の死に涙を流し、最後の最後まで優しい心遣いを見せてくれた。

そんなスタッフたちへの感謝の思いを、何とか文章にしたかった。
そして、コンテスト応募を通し、介護の現場で本当に頑張っている人がいるということを、伝えたかった。

そんな思いが詰まった作文が入選して、本当にうれしかったです。

タイトルとURLをコピーしました